Amazonでお得に買い物する方法 ⇒
スポンサーリンク

【運転が苦手な方を安全にサポート】ブラインドスポットモニターの安全性能は必要?

車ニュース情報

安全サポート機能って増えてるけど必要なの?

 

運転が苦手な人にも効果があるの?

 

 

 

近年、車の安全性能が進化しており、より安全に運転がしやすくなっております。
でも、なにがすごいのわかりにくいですよね!

 

そこで、今回おすすめの安全性能

ブラインドスポットモニター(後側方車両接近警報)

ついてご紹介していきたいと思います。

 

おすすめしたい方

・免許取得したばかりの初心者の方
・ご年配の方
・運転が苦手な方

 

運転があまり得意ではない方におすすめできる安全性能です。

 

では詳しくご紹介していきたいと思います。

日産プロパイロット2.0の特徴を知っていますか?【自動運転機能・運転支援機能】もより運転を楽にしてくれる機能ですので、ご覧ください!

スポンサーリンク

ブラインドスポットモニター(後側方車両接近警報)の特徴とは?

ブラインドスポットモニター(BSM)とは

自動車を運転中、車線変更時などに斜め後方の確認を支援する安全性能のことです。
ドアミラーの死角に入った他車をレーダーで検知し、警告サインをミラーに表示して運転者に知らせてくれます。

 

・ブラインドスポットインフォメーション
・後側方車両検知警報

などとも呼ばれております。

 

こうした機能は、後側方にいる車両を検知した場合、ドアミラー内やドアミラーの取り付け部など、クルマにより違うがランプが点灯するなどし、接近しているクルマの存在を教えてくれます。

後側方に車を検知した際に、さらにハンドルを切り始めたり、ウインカーを出したりすると警報が鳴りドライバーに注意喚起してくれます。

 

車種によっては、

・ハンドルに反力や振動を与え、車線変更を止めるように注意喚起する機能もあります。
・車両後方に取りつけられたレーダーなどで接近するクルマを検知することもできます。

 

後続車に気づかずに車線変更などした際に、警告してくれて、車の死角をサポートしてくれる安全性能ですね。

 

”見えなかった”で事故を起こしていては危険です。

このブラインドサポートモニターがあれば、安全に運転をしやすくなります。

周囲を把握しにくい夜間走行時などにおすすめ安全性能

周囲を把握しにくい状況

・夜間走行
・雨の日
・トンネルの中
・雪道走行

など様々シーンがあります。

このような周囲が見にくいシーンで、接近してくるクルマが無灯火だった場合、ほとんど目視では確認できない状況になり、接触する可能性は非常に高くなります。

ブラインドスポットモニターがあれば、センサーがドライバーをサポートしてくれるので、他車との接触リスクは大幅に減少します。


自動ブレーキなどは、作動した瞬間は危険な状況になってから回避する機能ですが、ブラインドスポットモニターは他車の接近という比較的軽度なリスクで注意喚起してくれるので、日常的に役に立つ機能です。

スポンサーリンク

どんな状況で警告してくれる?

トヨタのブラインドスポットモニター

 
隣の車線を走る車両をレーダーで検知します。
 
ドアミラーでは確認しにくい後側方エリアに存在する車両に加えて、隣接する車線の最大約60m後方までモニターし、急接近してくる車両も検知します。
 
 
車両を検知するとドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯させます。
 
 
その際、ウインカーを操作するとLEDインジケーターが点滅し、より注意を喚起します。
 

・検知対象の目安となる大きさは、小型の二輪車よりも大きな車両となります。
・天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。 
・実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。
 
 

マツダのブラインドスポットモニタリング(BSM)

 
約15km/h以上での走行時にリヤバンパーの内側に設置したレーダーで隣車線上の側方及び、後方から接近する車両を検知します。
 
検知した側のドラミラーの鏡面に備えたインジケーターの点灯でドライバーに通知します。
 
 
その状態でウインカーを操作すると、インジケーターの点滅と警報音で警告し、車線変更の中断を促してくれます。
 
 
 
この機能を採用しているメーカーは、ほとんどがリヤバンパーなどに設置したレーダーでクルマを認識し、ドライバーに通知するというものが多いですね
 
 


通知方法は各社それぞれ

 
・ドアミラーの鏡面部
・ドアミラーの付け根部分
・車内のAピラー
 

と場所が異なることがあります。

 

運転が苦手な方をサポートしてくれる

 

このブラインドスポットモニターは、

・免許取得したばかりの初心者の方
・ご年配の方
・運転が苦手な方

このような運転者には絶安心感を与えてくれるのでおすすめの機能のひとつです。

 

高齢者の場合

視野が狭く、明暗に慣れるまで時間がかかり、遠近のピント機能も衰えてしまいます。

見ているつもりでも、他車が視野に入っていなかったり、トンネル内では明暗に慣れず発見が遅れたりし車線変更時に接触事故を起こす可能性が高いです。

 

確かに最近、高齢者ドライバーによる事故が多発してますね!

 

でもブラインドスポットモニターが装備されていれば、衰えた人間のセンサーを最新のテクノロジーがサポートして、安全に車線変更ができるようになります。

 

 

初心者や運転が苦手な方の場合

前方をみていることで精一杯になってしまう方多いかと思います。

そのため、車線変更するためにドアミラーを確認したり目視するだけでも大変かと思います。

 

運転に自信が無いから、車線変更時には常に接触のリスクと戦いながら、ストレスを溜めていませんか?

 

ブラインドスポットモニターがあるだけで、自分の目視だけでは不安だったものが最新技術により一定の安心感を感じて運転がしやすくなります。

 

スポンサーリンク

後側方車両接近警報の表現はメーカーによって違う

今回安全性能の後側方車両接近警報のブラインドスポットモニターという表現にてご紹介しておりますが、実は、自動車メーカーによって表現の違うのです。

今回は日本車メーカーのみご紹介していきたいと思います。

 

・トヨタ:ブラインドスポットモニター

・日産 :BSI(後側方衝突防止支援システム)やBCI(後側方車両検知システム)

・ホンダ:ブラインドスポットインフォメーション


・マツダ:BSM(ブラインド・スポット・モニタリング)


・スバル:スバルリヤビークルディテクション

 

自動車メーカーによって表現が違いますが、基本は同じ安全性能機能のひとつです。

 

まとめ

 

ブラインドスポットモニターとは

自動車を運転中、車線変更時などに斜め後方の確認を支援する安全性能のことです。
ドアミラーの死角に入った他車をレーダーで検知し、警告サインをミラーに表示して運転者に知らせてくれます。

 

おすすめの方

・免許取得したばかりの初心者の方
・ご年配の方
・運転が苦手な方

 

様々なシーンでも運転者をサポートしてくれます。

運転が苦手な方だけでなく、死角を意識し忘れてしまう方にも有効な機能ですので、どの方にもおすすめすする安全性能です。

 

まだまだこれから安全性能は進化していくので、より安全性が高まることが待ち遠しいですね。

 

以上driverでした。

 

コメント