Amazonでお得に買い物する方法 ⇒
スポンサーリンク

煽り運転をされた時に“SOSコール”で対策【ボタンで通報】

車ニュース情報

煽り運転された時の対処に困っている方多いかと思います。

 

逃げればいいでしょ!

窓開けなければ大丈夫!

このような対処も悪くないですが、質の悪いやつはずっと追っかけてくることがあります。

 

前を塞がれて動けない時、どうしようもないですね。

 

そのために先進事故自動通報システム(AACN)SOSコールがあります。

安全に危険運転者から守ってくれる機能です。

 

読んでほしい方

・安全な対処方法が知りたい方
・電話出来ないときに対処方法を知りたい方
・SOSコールについて知りたい方

 

以上方に対して分かりやすくご紹介していきたいと思います。

 

まず煽り運転された時の対策を理解しておきましょう!

煽り運転をされた時の対策は?【4つの対策方法で危険から守ろう!】

 

スポンサーリンク

SOSコールとは?

新型日産デイズに、軽自動車では初採用となる先進事故自動通報システム(AACN)「SOSコール」(ヘルプネット)が全グレードにオプション設定されました。

 

SOSコール(ヘルプネット)とは

「エアバッグが開くほどの事故に遭ったら自動で通報してくれるシステム」

・事故発生場所
・時間
・車両のデータ

を専門のオペレーターへ自動送信するとともに電話回線をつなぎ、その後必要に応じオペレーターが警察や消防署に通報・データ送信することで、救急車やパトカーがいち早く事故現場に駆けつけ、事故の被害者を救出できる可能性を高めれます。

日本緊急通報サービスが提供する事故自動通報システム(ACN)になります。

 



 ヘルプネット搭載車には手動で通報できるよう専用のボタンが備えられております。

例えば
・急病で運転できなくなった
・車両が故障してしまった場合
・事故後にエアバッグが展開しなかった時

などでも通報することができます。

 

まさになにかあったときに対応してくれる機能ですね。

 

 

先進事故自動通報システム(AACN)

新型デイズの「SOSコール」は、これよりもさらに一歩進化した「先進事故自動通報システム(AACN)」となっている。

 

具体的には自動通報の際に、

・事故発生場所
・時間
・車両のデータ

・衝撃が加わった方向
・衝突時の速度変化
・シートベルトの着用有無
・多重衝突の有無


といったデータも送信し、これらを元に乗員の重症度を推定します。



 その重症度データを消防署やドクターヘリ基地病院に送信して、より迅速にドクターカーやドクターヘリの必要性を判断します。

現場に駆けつけることを可能にする「D-Call Net」にも対応しました。

 

 

 

スポンサーリンク

使い方は簡単

実際の流れとしては、

1.あおられた際に「SOSコール」の手動通報ボタンを押して専門オペレーターと通話
2.警察の通報を依頼してアドバイスを受けて、パトカーが待機している場所に移動

3.事故を防ぎながら、あおり運転をしてきたドライバーを検挙してもらう

という使い方ができます。

 

車の中でスマホで対応せずとも通報して、安全な場所に移動することができるので、安心

機能ですね。

まさにハンズフリーで対応できるのです。

 

 

「SOSコール」を利用するには

・「日産オリジナルナビ取付パッケージ」をメーカーオプションで装着する
・標準装備になる「プロパイロットエディション」各グレードを選択
・ディーラーオプションの「日産オリジナルナビゲーション(NissanConnectサービス対応ナビ)MM318D-L」を装着

そのうえで「NissanConnect」と「SOSコール」へサービス登録を申し込む必要があります。

 

 

 

日産以外メーカーも対応していた?

写真はAudi車のSOSコールにボタンになります。

 

以前から、トヨタやホンダなど同様のサービスを展開していました。

しかし、想定されていた使い方は事故時対応のために設置された機能が多いです。

 

この度、日産がアナウンスした手動での『SOSコール』の使い方は、社会問題となった『あおり運転』に対しても有効策になるかと思います。

 

日産の新たなサービスにより、今後煽り運転のためのSOSコールへと様々なメーカーも対応してくれることを願います。

より、煽り運転に対して安全な対応ができるか各メーカーもカギになってくるかと思います。

 

また、日産も煽り運転されやすい、軽自動車に設置したので、大変いい考えだと私は思います。

 

スポンサーリンク

煽り運転による事故に備えて自動車保険を見直そう!

自動車保険は、比較することで保険料を安くすることができる!

「自動車保険会社って、どうやって選んだらいいのだろう?」

世の中にたくさんの自動車保険会社があることで、一体どこにしたらいいのかわからなくて、迷って悩んでしまうことが多いかと思います。

保険選びで大切なことは、多くの保険会社と比較して検討してみることです。

色々と比較してみることで、自分にピッタリあった保険会社を見つけることができますし、比較することで最安値の保険会社もみつけることができます。

「保険料がいくらになるのか、すぐに知りたい!」

簡単に一覧で比較することができて、各社ごとにくわしい内容を知ることができます。

 

私も昔に半信半疑で、一括比較してみた時に、記入項目が多くて面倒でやめてしまったことがあります。

でも今回おすすめする一括比較サイトは、簡単な必要な情報を入れて、保険に対する希望まで伝えることができますので、あなたにピッタリあった希望の補償プランが見つかるのです。

 

私も実際に比較してみましたが、保険会社によってこんなにも価格もサービスも違うのかとビックリしてしまいました。 最大5万円以上安くなった人ももいるぐらい、一括で比較することは家計費を節約する上でとっても有効な手段です。

見積もりは無料なのに、最大20社を最短5分で簡単に見積もりすることができますので、忙しい人でも比較しないと損してしまいますよ?

今すぐに行動することが、今すぐお金を節約できることにつながります。

簡単にリアルタイムで比較検討して、あなたの楽しいカーライフを少しでもお得にしてみましょう。

 

私も使っているおすすめの一括比較サイト

・【無料】複数の保険会社から自動車保険を一括見積もり請求、保険料の徹底比較も可能!

・あなたにあった一番安い自動車保険を一括見積もり!

 

まとめ

SOSコール(ヘルプネット)とは

「エアバッグが開くほどの事故に遭ったら自動で通報してくれるシステム」

 

ハンズフリーで対応可能

1.あおられた際に「SOSコール」の手動通報ボタンを押してオペレーターと通話
2.警察の通報を依頼して、警察のいる安全な場所に移動

3.あおり運転をしてきたドライバーを検挙してもらう

スマホを触らずに、安全になれるように対応してくれる素晴らしい機能です。

 

煽り運転はいつあなたに降りかかってくるかわかりません。

そのために、いつでも安全に対応できるように心がけておきましょう。

その心がけてにプラスして、SOSコールで安心できる環境を整えることもおすすめします。

 

以上driverでした。

 

 

 

コメント